タイムカードでの勤怠管理の重要性

タイムカードでの勤怠管理は、労働者にとっては残業代などを支払ってもらうための証拠となるものですが、企業にとっても重要なものです。労働者は、残業をしたら、遅い時間にタイムカードを打刻をするので、その分の残業代がもらえます。

幅広い分野の視点からT-SITEに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

しかし、それとは別に、リーダーなどが仕事が終わった時間を記録していて、そちらの情報を優先的に見るというケースもあります。

残業があった場合には、リーダーがその時間を記録しているのであれば、タイムカードは形だけのものと見られていることもあります。しかし、これは企業にとってはリスクのある行為です。
企業には、労働者の勤怠管理をする義務があります。



この義務を果たしていなかった場合には、裁判になって証拠があいまいだったときに、企業側に負担を負わせるという判決になることもあります。


例えば、仕事が終わった後に、テレビを見たり、食事をしたりして、タイムカードを押すのがかなり遅い時間となっていたとします。


仕事をしているわけではないので、残業代は発生しません。


しかし、後になってから、裁判を起こされて、タイムカードが証拠となり、テレビを見たり、食事をしたりしていた時間の残業代まで認められてしまうことがあります。

残業代の請求は、1人でも認められると、他の人もそれに続くことが多く、莫大な損失になってしまうことがあります。企業にとって、勤怠管理はとても重要なものですので、甘く見ないようにしておきましょう。



関連リンク

タイムカードでの勤怠管理について

10年程前までは、従業員の勤怠管理は筆記形式になっており、個人の裁量に任されていたところが大きかったのですが、これでは正確な管理ができません。なぜなら、遅刻、早退も自分で記入することになりますので、ちょっとしたごまかしも簡単にできてしまいます。...

more

タイムカードでの勤怠管理の重要性

タイムカードでの勤怠管理は、労働者にとっては残業代などを支払ってもらうための証拠となるものですが、企業にとっても重要なものです。労働者は、残業をしたら、遅い時間にタイムカードを打刻をするので、その分の残業代がもらえます。...

more
top