時代はタイムカードから勤怠管理システムに移行する

企業には労働者の勤怠を管理する義務があります。この義務を怠っていると、ペナルティがかせられることもあります。



さらに、社員から残業代請求をされたときに、裁判で負けてしまうこともあります。



企業には残業代を支払う義務がありますが、仕事が終わった後もテレビを見たり、おしゃべりをしていて、タイムカードを押すのが2時間〜3時間程度遅れた場合には、残業代を支払う義務は発生しません。
残業代請求では企業が悪として見られてしまう傾向がありますが、企業が被害者であるケースもあるのです。
タイムカードでは不正がしやすいことも、問題となっています。

@niftyニュースの有益な情報を提供します。

勤怠管理システムの導入にはコストがかかるというイメージがありますが、60日間の無料トライアルがあったり、気軽に導入できるようになっています。1ユーザーあたり月額200円だったり、コストもそれほど高額ではありません。


社員の数が多いときには、固定で月額5000円〜1万円程度のプランもあるので、プランを選べることもメリットです。勤怠管理システムを導入すれば、タイムカードを集計するための人員も必要ないので、人件費が節約できます。
基本的には、勤怠管理システムを導入することにはメリットのほうがはるかに大きいと考えられています。勤怠管理システムに対しては、コストがかかるといったイメージをもってしまっている経営者も多いため、すぐには普及はしませんが、徐々にタイムカードから勤怠管理システムへと移行していくことが予想されます。

関連リンク

タイムカードでの勤怠管理について

10年程前までは、従業員の勤怠管理は筆記形式になっており、個人の裁量に任されていたところが大きかったのですが、これでは正確な管理ができません。なぜなら、遅刻、早退も自分で記入することになりますので、ちょっとしたごまかしも簡単にできてしまいます。...

more

タイムカードでの勤怠管理の重要性

タイムカードでの勤怠管理は、労働者にとっては残業代などを支払ってもらうための証拠となるものですが、企業にとっても重要なものです。労働者は、残業をしたら、遅い時間にタイムカードを打刻をするので、その分の残業代がもらえます。...

more
top