タイムカードによる勤怠管理のメリット

タイムカードで社員の勤怠管理を行うことには、多くのメリットがあります。

タイムカードの最大のメリットは、社員の出勤・退勤時間を正確に把握できることです。

手書きの出勤簿等による勤怠管理は、データ化する作業に多くの時間が必要となりますし、勤務時間の転記ミスも起こりやすいです。

タイムカードを導入すれば、勤怠管理に無駄な時間を使う必要がなくなり、コストの削減につながります。



複雑な給与計算も簡単になります。

それから、タイムカードは勤務時間の不正申告防止にも役立ちます。

手書きの勤怠管理では、勤務時間を簡単にごまかすことができ、遅刻を隠したり、残業代を多く受け取るために退勤時刻を実際よりも遅く報告することだってできてしまいます。
他の人が代わりに報告したとしても、手書きなら多少筆跡を変えれば、おそらくばれないでしょう。わずかな残業代の不正申告でも、積み重なれば結構な金額になり、会社にとっては大きなダメージになりますので、不正対策は必要不可欠です。
また、本格的で大掛かりな勤怠管理システムに比べると、低コストでの導入が可能です。



そのため、予算に余裕のない中小企業でも導入を検討しやすいでしょう。
さらに、最近のタイムカードには、スタッフのシフト希望管理や有休申請の管理ができるものもあります。

インターネット通販では、さまざまな種類のものが簡単に購入できるので、自社の目的に応じて比較検討してみるとよいでしょう。

人気な産経ニュースに関することは、情報が満載なこのサイトにおまかせください。

関連リンク

タイムカードでの勤怠管理について

10年程前までは、従業員の勤怠管理は筆記形式になっており、個人の裁量に任されていたところが大きかったのですが、これでは正確な管理ができません。なぜなら、遅刻、早退も自分で記入することになりますので、ちょっとしたごまかしも簡単にできてしまいます。...

more

タイムカードでの勤怠管理の重要性

タイムカードでの勤怠管理は、労働者にとっては残業代などを支払ってもらうための証拠となるものですが、企業にとっても重要なものです。労働者は、残業をしたら、遅い時間にタイムカードを打刻をするので、その分の残業代がもらえます。...

more
top