タイムカードでの勤怠管理について

10年程前までは、従業員の勤怠管理は筆記形式になっており、個人の裁量に任されていたところが大きかったのですが、これでは正確な管理ができません。なぜなら、遅刻、早退も自分で記入することになりますので、ちょっとしたごまかしも簡単にできてしまいます。また、逆に、退勤時間を実際の時間よりも早めに記入することにより、残業代を削減しようとする企業もあったようです。


そうした不正行為は、タイムカードによる勤怠管理の出現により、防止できるようになりつつあります。
タイムカードでの運用は、勤怠管理をそれまでよりも楽にすることに成功しました。


ただし、ここでも個人のコンプライアンスに対する意識が重要になります。


周りの雰囲気に流されて、実際の退勤時間よりも早く打刻してしまうようであれば、タイムカード導入の意味がありません。



近頃は定期的な監査が当たり前となっていますから、そういったことをしないような企業側の強い意識改革が必要になります。

@niftyニュースの為になる情報です。

企業側にとって、総務や人事部門は利益に直結しておらず、社内で必ずしも抱える必要がないと思われています。
そのため、この分野はアウトソーシングする企業も増えつつあり、アウトソーシングの受け皿になる企業も増えてきています。


そういったときに、タイムカードでの勤怠管理は、データでの即反映が可能ですので、より簡単に管理できるようになるのです。


これからも新しい機器が開発されることにより、最終的には人をより最小限にすることが可能となることでしょう。

タイムカードの勤怠管理の有益な情報を提供します。

関連リンク

タイムカードでの勤怠管理について

10年程前までは、従業員の勤怠管理は筆記形式になっており、個人の裁量に任されていたところが大きかったのですが、これでは正確な管理ができません。なぜなら、遅刻、早退も自分で記入することになりますので、ちょっとしたごまかしも簡単にできてしまいます。...

more

タイムカードでの勤怠管理の重要性

タイムカードでの勤怠管理は、労働者にとっては残業代などを支払ってもらうための証拠となるものですが、企業にとっても重要なものです。労働者は、残業をしたら、遅い時間にタイムカードを打刻をするので、その分の残業代がもらえます。...

more
top