結合型酸素と溶解型酸素に酸素カプセル内の気圧

人間の身体の中へ取り込まれるのは、溶解型と結合型の2つの酸素の種類です。

普通に呼吸をしていて取り込めるのは総合型であり、体内へと運ばれる際には、血中にあるヘモグロビンとの結合で行われます。毛細血管を通過しにくいのは、比較的サイズが大きいためです。ヘモグロビンよりもたくさん、体内に運ぶことはできないので、酸素カプセルを利用することでそのカバーができます。肺機能低下やストレスなども抱えやすい現代人なので、酸素不足には酸素カプセルを活用するのが最も良い方法です。

高気圧環境でたくさん取り込みやすいのは溶解型であり、5ミクロンとサイズが大変小さいため、体液にも血液にも溶け込むことができます。結合型よりも存在量がとても少なくて、普通に呼吸をした際の吸入だけでは、順調に溶解型を増加させることはできないです。体内の毛細血管を通りやすいのは利点ですが、極少量だけというのは難点にもなります。

溶解型を増やすためには酸素カプセルを使うのが良い方法であり、カプセルの気圧を高めることで増加させることは可能です。家庭用カプセル内部気圧は1.1から1.2気圧ほど、有料施設での利用ができる業務用は1.2から1.3気圧くらいが一般的になります。中には業務用として採用をするタイプの中には、いくつかの段階に切り替えができる種類もあるため、こうしたタイプなら初心者でも安心です。アスリートからの注目を集めるのも酸素カプセルですが、些細な不調をリセットしたい、そんな一般人向けとしての利用もできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *