酸素カプセルの使用が勧められている理由

人が健康な状態を維持しながら元気に生きていくためには、適量の酸素が不可欠だと言われています。

しかし現実問題に目を向けてみると、ここわずか100年ほどの間に空気中の酸素濃度は24パーセントから21パーセントと、何と10パーセント以上も低下しているというのが現状です。ところが、悲しいことに人間の脳や体は、100年で10パーセント以上の酸素濃度の低下に対応することはできないため、どうしても酸素の不足から様々な病気を引き起こしてしまうというわけです。そこで大きな注目を集めているのが、酸素カプセルの使用です。

酸素が不足した状態では、脳の衰退が始まり、脳が非活動的になっていき、最終的にはぼけてしまうと言われています。また足腰が弱くなり、怪我をしやすくなり、やはり最終的には寝たきりの状態になってしまうでしょう。血液の循環も悪くなるため、様々な生活習慣病にかかりやすくなります。

酸素の不足から来るこうした状態を回避するためにも、酸素カプセルを使用することによって、酸素を体に取り入れることが勧められています。もちろん、酸素の不足を解消するためには有酸素運動などを積極的に取り入れることも友好的な方法です。しかし、忙しい現代人にとって、定期的に運動することはなかなか難しいことでもあります。酸素カプセルなら、ただ寝転がっているだけで効率良く酸素を摂取することができるため、時間がない現代人にはまさにお勧めの機器と言うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *