酸素カプセルの効果

酸素カプセルは高気圧酸素セラピーの中でカプセルの中で横たわることにより、溶解型と呼ばれる高濃度の酸素を細胞の隅々まで溶け込ませていきます。

日常の生活環境や加齢が原因で低下した酸素水準を取り戻すことが出来ます。酸素カプセルの中で体を横たわることによって、細胞の本来の機能を取り戻すことが出来ます。人間の体内にある酸素はヘモグロビンと結合した結合型と体内に溶け込んだ溶解型の2種類があります。

通常の肺呼吸をおこなっただけでは結合型しか運ぶことが出来ませんので、脳や腎臓、肝臓、皮膚は毛細血管の塊であるため、血管が細く血流も弱いため十分な酸素が流れません。特に不摂生な生活をするとコレステロールによって血管が細くなり、老化や認知症など様々な病気を引き起こす原因となります。

酸素カプセルは中で気圧を上げると、酸素がガス化していくため血液体液の中に溶解型酸素が溶け込んでいきます。そのため体液のルートで酸素を運んでいくことが出来ますので、全身に十分な量の酸素を届けることが出来るでしょう。

高気圧が全身に届くことによって、疲労物質である乳酸を分解することが出来ますので、疲労感やストレスを緩和させていくことが出来ます。また活性酸素を中和させることが出来るため、シミやシワなどを改善させる効果も期待できます。酸素を十分に体に取り込むことによって脂肪が燃えやすくなりますので、ダイエット効果も期待することが出来るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *