細胞の新陳代謝アップにもなる酸素カプセル

カプセルの内側の気圧を高めて入るのが酸素カプセルであり、しばらくの間その中に入って休むことで、様々な効果を得ることが出来ます。

通常の休息といえば、ベッドやソファなどに横になったり、椅子にもたれたりして休み、そこそこ疲れをとることできますが、酸素カプセルの場合はいつもの休息よりもスッキリ感が別格です。専用カプセルの内側の気圧にその理由があり、普通よりも30%前後ほど高めている状態になるのが仕組みになります。

一定期間のあいだ気圧の高まった中で過ごすことで、体内の血液の中に存在をする酵素の濃度を自然に高めることが可能です。普段は意識などすることがないのが気圧ですが、気圧がアップするほど液体はたくさんの酸素を含みます。その応用を使っているのが、酸素カプセルということです。身体の全身を行き渡る血液の中の酸素は、気圧の高まりによって酸素濃度もアップしますので、さらに巡りが良くなります。

人間の身体は多数の細胞で成り立っていますが、新鮮なたっぷりの酸素は細胞たちの新陳代謝を高めることが可能です。細胞数はおよそ60兆子個ほど存在をしていますが、その活動エネルギーを活発にしたり、生みだしたりするのも酸素の役目になります。全身に届けるのは酸素の役割であり、細胞にもしっかりと行き渡りますので、活動は活性化することが出来るので、それが新陳代謝アップにつながる要因です。通常よりも代謝がよくなることで、乳酸が分解をさらにされやすくなって、疲労回復効果も高まります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *