酸素カプセルが持つ効果について

液体に溶解する気体の量は気圧に比例して増えるとした理論にヘンリーの法則が知られています。

酸素カプセルはこの理論を具体化したシステムを持ち、カプセル内の気圧を高めることで液体である血液中の酸素濃度を高めることができるようになっています。酸素カプセルは加圧健康機器の1つです。タイプには形状ではハードとソフト、能力面では家庭用と業務用があり、より効果が期待できるものは業務用が該当します。違いは気圧にあり、家庭用が1.1~1.2気圧程度となっているのに対し、業務用は1.2~1.5気圧と高くなります。

業務用の酸素カプセルは高気圧設定が可能であるのに加え、酸素濃度を上げられる製品も販売されおり、主に8つの効果が期待できるとされています。特徴的なものにはレオロジー効果と呼ばれるものがあり、元になっているのは身体全体に均一に圧力をかけることで骨格や筋肉のバランスを本来の形に戻せるという考え方です。一般的に目にすることができる内容には疲労回復やダイエット効果、アンチエイジング・美肌効果があり、治療院等においてはケガの回復や集中力アップ、生活習慣病予防にも効果があるとしてます。

酸素カプセルで知っておきたいは、効果がでるまでに相応の時間を要することです。短時間では具体的な変化はわかりにくく、かけられる気圧も大きく関係します。現在、家庭用など購入しやすい製品は増えているものの能力面では業務用に劣ることになり、購入を考えている場合には効果が期待できる製品なのかどうか、よく確認をすることが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *