疲労回復には酸素カプセルがおすすめです

空気中の酸素濃度30%がわたしたち人間の体に最適と言われていますが、実際には約21%の酸素濃度しかありません。

酸素は木が作ってくれます。自然豊かだった一昔前は30%と酸素濃度をはるかに超えていたとされていますが、現代では森林も減り大気汚染の影響から空気中の酸素はどんどん減っています。そのため、現代人は酸素が足りておらず、体に負荷をかけているのです。

その酸素不足の体の為に作られたのが酸素カプセルで、高圧カプセルの中に濃度の高い酸素を発生させることにより、体内に酸素がしっかり入り、血液が酸素を届けるので血行もよくなり、疲労回復など健康的な効果が現れます。また、お酒を飲んだ次の日の二日酔いは、体が酸素と水分が不足している状態になっているため、酸素カプセルは二日酔いにも効果的といわれています。

酸素カプセルの利用方法は、カプセルの中に約60分ゆったりと入っているだけなので、とても簡単で誰でも利用することが出来ます。カプセルの中で寝てしまっていても問題ありません。むしろ体がリラックスしている状態の方が有効なので、寝てしまうことが一番効果が出ることもあります。

酸素が不足しているのであれば、山の方に向かえばいいと思われるかもしれませんが、酸素には溶解型と結合型の2種類があり、通常わたしたちが吸っているのは結合型の酸素ですが、この結合型は毛細血管まで行き届かないため、血流が悪くなってしまいます。

それの比べ溶解型は血液に溶けて体のすみずみまで行き届くので、酸素カプセルにはこの溶解型の酸素を使用しています。その為、短時間で体中に酸素を行き渡らせ効果が出るとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *